一人で使う

入門gitに沿ってやってみます。勿論、多少変えてはいます。とりあえずhtmlを書いていく事とします。

適当にhtml/とかいうディレクトリを作ってtest.htmlとかいうファイルを作ってみます。

<html>
  <head>
    <title>Test Page</title>
  </head>
  <body>
    <h1>Test Page</h1>
  </body>
</html>

とかいうファイルを作ります。

repositoryのinit

以下のようにしました。

% git init                                                   
Initialized empty Git repository in /data/www/git/html/.git/

まあここでは/data/www/git/htmlとかいうところでやってるので適時読み替えてください。

ユーザ名とかのconfig

で、git var GIT_AUTHOR_IDENTとかやると

% git var GIT_AUTHOR_IDENT                                 

*** Please tell me who you are.

Run

  git config --global user.email "you@example.com"
  git config --global user.name "Your Name"

to set your account's default identity.
Omit --global to set the identity only in this repository.

とかなりました(zshなら補完アリなのでオススメ)。この手のシステムでは「誰がコミットしたのか」が重要なので、必ず設定しておきます。Runの通り。

指示される通りやっておきます。–global を取り除くとこのディレクトリ(レポジトリ)のみの設定になるよ、とのことなので抜いておきます。

% git config user.name catatsumuri
% git config user.email catatsumuri@example.org
% git var GIT_AUTHOR_IDENT                             
catatsumuri <catatsumuri@example.org> 1294153749 +0900

よろしいかと

addとか

% git add . 

何も出ないので不安なんですが、とりあえず

% git status

とかすると

# On branch master
#
# Initial commit
#
# Changes to be committed:
#   (use "git rm --cached <file>..." to unstage)
#
#       new file: test.html
#

とか出ます。

commitする

% git commit 

とかするとエディタが起動して

# Please enter the commit message for your changes.
# (Comment lines starting with '#' will not be included)
# On branch master
#
# Initial commit
#
# Changes to be committed:
#   (use "git rm --cached <file>..." to unstage)
#
#       new file: test.html
#

とか出ます。-mオプションでそのまま渡すのもアリ。この辺はsvnと同じ。

                                 
Created initial commit d68ab54: initial add
 1 files changed, 9 insertions(+), 0 deletions(-)
 create mode 100644 test.html

とか出て終わり。

変更する

とりあえずこんな具合で追記

<!DOCTYPE html> <-- これ
<html>
  <head>
    <title>Test Page</title>
  </head>
% git diff 

そうすると、何が変更されたかわかります

diff --git a/test.html b/test.html
index b1c9057..67aa325 100644
--- a/test.html
+++ b/test.html
@@ -1,3 +1,4 @@
+<!DOCTYPE html>
 <html>
   <head>
     <title>Test Page</title>

これをaddするわけですが

% git add test.html 

これをするとgit diffの出力がなくなります。git diffはあくまでaddされてない状態からの差分のようで、全部見たい場合は

% git diff HEAD 

、とありますが、手元でzsh補完をすると

% git diff master

となります。出力は同じなんですが、まあこんなでもいいんかな?

addをかけた状態でさらに追記していきます

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8"> <-これ

diff 取ります

% git diff
diff --git a/test.html b/test.html
index 67aa325..201d7ea 100644
--- a/test.html
+++ b/test.html
@@ -1,6 +1,7 @@
 <!DOCTYPE html>
 <html>
   <head>
+    <meta charset="utf-8">
     <title>Test Page</title>
   </head>
   <body>

さきほどaddした所からのdiffになってます。HEADやらmasterやらを付けると全部出ます

diff --git a/test.html b/test.html
index b1c9057..201d7ea 100644
--- a/test.html
+++ b/test.html
@@ -1,5 +1,7 @@
+<!DOCTYPE html>
 <html>
   <head>
+    <meta charset="utf-8">
     <title>Test Page</title>
   </head>
   <body>

さらにaddしてcommitすればとりあえずはOK。

git/standalone.txt · 最終更新: 2012/04/07 10:32 (外部編集)
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0