ipvsadm

LVSを使うフロントエンド?パッケージ名はipvsadm。

とにかく表示

# ipvsadm -L
IP Virtual Server version 1.2.1 (size=4096)
Prot LocalAddress:Port Scheduler Flags
  -> RemoteAddress:Port           Forward Weight ActiveConn InActConn

iptablesと同じく-Lオプションにて状態を表示できる。現在は何もない。

なんか追加してみる

バランサ(192.168.201.71)のHTTPサービスを振り分けてみる。予めNATするのでforwardを有効にしておくように。

# ipvsadm --add-service --tcp-service 192.168.201.71:80 --scheduler rr
# ipvsadm -Ln
IP Virtual Server version 1.2.1 (size=4096)
Prot LocalAddress:Port Scheduler Flags
  -> RemoteAddress:Port           Forward Weight ActiveConn InActConn
TCP  192.168.201.71:80 rr

省略オプションもあるが、とりあえずスケジューラrr(ラウンドロビン)でサービスを追加。その下にぶらさがっている10.0.0.{2,3}に振り分けてみる

# ipvsadm -a -t 192.168.201.71:80 -r 10.0.0.2:80 -m
# ipvsadm -a -t 192.168.201.71:80 -r 10.0.0.3:80 -m

今度は省略オプション。-rは–real-server、-mは–masquerading、すなわちNAT。並列に置いてある場合はダイレクトルーティングも試してみよう(ただしダイレクトルーティングは非常にトラブルが起きやすいので、いろいろ考えてみる事)。

# ipvsadm -Ln
IP Virtual Server version 1.2.1 (size=4096)
Prot LocalAddress:Port Scheduler Flags
  -> RemoteAddress:Port           Forward Weight ActiveConn InActConn
TCP  192.168.201.71:80 rr
  -> 10.0.0.3:80                  Masq    1      0          0
  -> 10.0.0.2:80                  Masq    1      0          0

という具合に振り分け設定が行われた。

ipvsadm.txt · 最終更新: 2012/04/07 10:32 (外部編集)
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0