ldapdelete

LDAPのエントリを消すツール。基本的なオプションはldaputilsの他のツールとあまり変わらない。

ldapのエントリを消す方法はldapmodifyを使う方法もあるのだけど、このツールを用いればdn指定で一発で消えてくれるので多少は楽かもしれない

% ldapdelete -x -D "cn=admin,dc=example,dc=com" -W "uid=user,ou=staff,dc=example,dc=com"
Enter LDAP Password:

このツールは必ずバインドして実行する必要がある。従って非SASL環境では -xと -W(または-w パスワード)の指定が必須。ACLの確認のため適切なバインドユーザのみ実行できる事を確認しておきたい。その場合はldapsearchなどでエントリを抜いておいて、いつでも戻せるようなテストも同時に実行すると良いだろう

ldaputils/ldapdelete.txt · 最終更新: 2012/04/07 10:32 (外部編集)
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0