差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

ntfs-3g [2012/04/07 10:32] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +====== ntfs-3g ======
 +
 +NTFSを読み書きできるfuseでの実装。簡単に言うとLinuxからntfsの完全なRWが出来る。インストールは例によって
 +
 +<​code>​
 +# apt-get install ntfs-3g
 +</​code>​
 +
 +でオケ(lenny以降から導入)
 +
 +日本語のファイルが入っている場合
 +
 +<​code>​
 +# mount -t ntfs-3g /dev/sda2 /mnt
 +Volume name could not be converted to current locale: Invalid or incomplete multibyte or wide character
 +</​code>​
 +
 +などといわれるだろうから以下のようにする(多分localeつくってないと駄目かも)
 +
 +<​code>​
 +# mount -t ntfs-3g -o locale=ja_JP.UTF-8 /dev/sda2 /mnt
 +</​code>​
 +
 +とはいえ最近のntfs-3gはlocaleの指定すら必要なくなったようである。ちなみにmountコマンドでなくて、ntfs-3gというコマンドもあるが同じ事
  
ntfs-3g.txt · 最終更新: 2012/04/07 10:32 (外部編集)
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0