差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
rclone [2017/11/08 11:54]
admin [syncしてみる]
rclone [2017/11/08 11:57] (現在)
admin [syncしてみる]
ライン 188: ライン 188:
         0 c         0 c
 </​code>​ </​code>​
 +
 +=== リモートが消えたばあい ===
 +
 +では**リモートから**cを消しこんでsyncしてみる
 +
 +<​code>​
 +# rclone sync --delete-before /root/moge/ hubic:​default/​test
 +2017/11/08 11:55:41 Waiting for deletions to finish
 +2017/11/08 11:55:41 Hubic Swift container default path test/: Waiting for checks to finish
 +2017/11/08 11:55:41 Hubic Swift container default path test/: Waiting for transfers to finish
 +2017/11/08 11:55:43
 +Transferred: ​     0 Bytes (0 Bytes/s)
 +Errors: ​                0
 +Checks: ​                1
 +Transferred: ​           1
 +Elapsed time:        5.2s
 +</​code>​
 +
 +<​code>​
 +# find moge
 +moge
 +moge/c
 +moge/a
 +</​code>​
 +
 +これは実は大丈夫なのだ。あくまでローカル側に合わせられ、リモートはそれに更新される、だから、syncをかければリモートは
 +
 +<​code>​
 +# rclone ls hubic:​default/​test
 +        0 a
 +        0 c
 +</​code>​
 +
 +消したcが復活する。これがデフォルトの挙動。
 +
 +
 +
 +
  
  
rclone.txt · 最終更新: 2017/11/08 11:57 by admin
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0