とりあえず動かしてみる

Debianの場合user-mode-linuxというパッケージがある

# apt-get install user-mode-linux
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  libfuse2 uml-utilities
提案パッケージ:
  fuse-utils x-terminal-emulator rootstrap user-mode-linux-doc slirp
  linux-patch-skas
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  libfuse2 uml-utilities user-mode-linux
アップグレード: 0 個、新規インストール: 3 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
5990kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 18.3MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]?

これで実行環境が出来たが、仮想ディスクイメージなどの作成を行わなくてはいけない。これはchrootで環境を作った事があるのであればある程度直感的に出来るのだが、ここではある程度丁寧に行う。

ファイルシステムイメージを作成する

まず、ddコマンドを利用して1Gのファイルを作るとする

# dd if=/dev/zero of=root_fs bs=1 count=0 seek=1G

このファイルに対してext3を作成する

# mke2fs -F -j root_fs

debootstrap

debootstrapするためにこれをインストールする。apt-get install debootstrapでok

# apt-get install debootstrap

先程作成した仮想イメージをloopbackマウントする

# mount -o loop root_fs /mnt

debootstrapする

# debootstrap lenny /mnt http://ftp.jp.debian.org/debian

すると/mntの中にdebian起動のために必要なファイル一式がつめこまれているのがわかる

ls /mnt

memo: http://wiki.livedoor.jp/kou1okada/d/Debian%20GNU/Linux%20-%20UML

user-mode-linux/start.txt · 最終更新: 2012/04/07 10:32 (外部編集)
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0